南極海鯨類捕獲調査の目指すもの

Fujise 藤瀬 良弘

要旨


日本は、1987年以来、毎年南極海で鯨類捕獲調査(JARPA、Japan'sWhale Research Program underSpecial Permit in the Antarctic)を実施している。これは、国際捕鯨取締条約(ICRW)の第8条にある締約国の権利として日本政府が発給する特別許可の下で実施されており、法的に正当なものである。

この調査計画は、第1期にはクロミンククジラを対象として、1)資源管理に有用な生物学的特性値の推定、2)南極生態系における鯨類の役割解明、3)環境変化が鯨類資源に与える影響の解明、4)系群構造の研究を行って、クロミンククジラの資源管理に貢献することを目標とした。続く第2期調査ではクロミンククジラに加えて、ザトウクジラとナガスクジラを採集対象に追加して、1)南極海生態系のモニタリング、2)鯨種間競合モデルの構築、3)系群構造の時空間的変動の解明、および、4)ミンククジラ資源の管理方式の改善を主目的に掲げて、南極海生態系の変化をモニタリングしながら鯨類の資源管理の改善に貢献することを目指した調査計画に拡充した。


参考文献


Zenitani R. and Kato H. Long-term trend of age at sexual maturity of Antarotio minke whales by counting transition phase in earplugs. Paper JA/JO5/JR7 presented to the JARPA Review meeting 12pp, 2005.

Kato H. Density dependent changes of growth parameters of the southern minke whale. Sci. Rep. Whales Res. Inst, 38:47-73, 1987.

加藤秀弘:ミンククジラの性成熟年齢若齢化が意味するもの:73-84, 2002.

Konishi K, et al: Decline in energy storage in the Antarctic minke whale (Balaenoptera bonaerensis) in the Southern Ocean, Polar Biol, 31:1509-1520, 2008.

Matsuoka K, et al: Abundance increases of large baleen whales in the Antarctic based on the sighting survey during Japanese Whaling Research Program ( JARPA), Glob. Environ. Res, 9:105-115, 2005.


フルテキスト: PDF

Refbacks

  • 現在 refback はありません。